2010年07月09日

7/9 えのちゃんの講演&レクリエーション

7月9日(金)姫路市にある幼稚園に行ってきました!
曇り空ですが、園庭では子どもたちが元気に走り回っていますニコニコ
10時前、保護者の方々が園に集まってこられました。
まずは1部の保護者の方対象の講演がはじまりましたクローバー
いすが並べてある会場の後方にはじゅうたんが敷かれ、就園前のちびっこを連れたお母さん方が座っていました。身振り手振りが大きく、表情も豊かなえのちゃんを見ながら話を聞こうと、必死に首を伸ばされています。
そんな中、おなじみ手遊びをしてから、お話へ。前日までえのちゃんが指導に行っていた自然学校のお話から「最近、どんなことで怒りましたか?」と。そして、えのちゃんの家族の話へ。「うちの娘がね…」の話には、うんうん、とうなずく人が多数。そこから「怒る」と「叱る」の違いについて。
「叱るって、辞書では『相手の言動に対して、強く攻める』。少し冷静な感じなんです」「でも、ずっと冷静に叱ってられないですよね」「今から、子どもが大人になって、いろんな人と出会うと思います。どんな人に出会うか分からない。上司で、すぐ、怒ってしまう人もいるかもしれない。だから、親は、カチ――ンと怒ることがあってもいいんじゃないかな」。という内容に「気持ちが軽くなりました」という感想がありました。

1部が終わり、保護者のみなさんはいったん休憩。その間に園児が入場晴れ
2部は、一緒にレクリエーションです。子どもたちの「えのちゃーーーーーーんメロメロ 」という元気な声で登場。ギターを持って「幸せなら手をたたこう」「幸せなら足ならそう」「幸せならお友達の肩なでなでしよう」……。体をいっぱい使ってあそびます。えのちゃんの動きを真似したり、園の先生の動きを真似したり。絵本「だるまさんが」では「家にもあるけど、こんなにゆかいな絵本だったのだと、感心しました」と保護者の方。
最後は梅雨時期、外にいけないみんなのために新聞紙を使ってあそびます雨 ビリビリに破くの!? というお母さん達の予想を覆し「新聞紙を使ったお話」。お話にあわせ、新聞紙が帽子、おにぎり、ハンカチ…最後はTシャツに!オドロキ
一緒に新聞を折っていた保護者の方々から驚きの声!「すごい!」「家で小学生の子どもにも見せます」と、子どもたち同様とってもうれしそう。
 つなぎ姿のえのちゃん。「今度から、ガソリンスタンドに行き、つなぎの人を見かけるたびに、えのちゃんを思い出すでしょう」と司会の方の話に、みんな大笑いして、帰っていかれましたスマイル
    

Posted by 生サポ取材 at 12:00Comments(0)えのちゃん(榎本英樹)